きれいに❤マクロビオティック

香山雅子のbellissimo❤macrobiotic

マクロビオティック講座inわが家の台所Ⅱ 2011/10/29

Filed under: イベント,Macrobiotic — masako kayama @ 11:39

11月10日(木)わが家の台所で2回目のランチタイムのマクロビ講座POP2回目

マクロビオティック講座を開催いたします。

今回のテーマは「望診法」(観相学)です。

人は胎児のときにDNAに基づいて身体の臓器や各パーツがつくられますが
その時お母さんが何を食べていたかによっても臓器の状態や体質が左右され

生まれる時には8割方基本的な体質が決まってしまい、その後の生活環境や

食べ物などで残りの2割が変化していて、表面の顔や様々なパーツに

臓器や体質・体調など内面の状態が反映されていて、観察することで、

もともとの特徴や今どんな状態にあるのかを知ることができます。

11月10日(木)12:30~で

12:30~13:30講座―13:30~14:30食事となっております

フルリール マクロビオティック アカデミー

055-963-0026までご予約いただきますと

¥945の特別価格になります。

定員になり次第、受付終了です。お早めにどうぞ…

 

鏡と筆記用具をご持参ください。

広告
 

本日はお日柄もよく 2011/10/17

Filed under: 伝統 — masako kayama @ 13:44

お天気も最高にいい朝、ルラシュでの優雅な朝食を終え
身曾岐神社に到着しますと、ラッキーなことに
かわいいお嫁さんに出会ってしまいました!!


ちなみに、初々しいご両人に許可を得て撮影しています。
ブログ掲載の許可はもらっていませんが
あんまり可愛いので無断掲載しちゃいました。


許して下さいね。
苦情がございましたらメールください。

 

カンファレンスレポート メニュー編2

Filed under: イベント,Macrobiotic — masako kayama @ 13:35

忘れちゃいけない 前泊したので
カンファレンス初日の朝はルラシュ癒しの森でいただきました。

なんて優雅な朝~❤ グレイスフル モーニングです。

玄米がゆ・お味噌汁・揚げ豆腐の南蛮漬け・

蒸し野菜&玉ねぎ味噌・ぬか漬け・巨峰です。

見た目も麗しく とても美味しくいただきました。

朝食後、山口眞利枝先生・中島デコ先生・林けい子先生と

一緒に身曾岐神社に祝詞をあげに向かいました。

 

 

カンファレンスレポート メニュー編1

Filed under: イベント,Macrobiotic — masako kayama @ 13:17

カンファレンスの大きな楽しみのひとつが お食事ですね!

初日の夕食メニューをご紹介します。

玄米おむすび・たかきびのハンバーグ・根菜と里芋のグラタン
蒸し野菜・大豆のから揚げ・キヌアのサラダ
春雨のふかひれ風スープ・アップルコンポートです。

美味しくて、お腹一杯で大満足!!
幸せで~す❤
 

 

アースクリーン&キャンドルナイト 2011/10/03

Filed under: イベント — masako kayama @ 14:36

昨日、アースクリーン&キャンドルナイトを開催いたしました。
どちらも地球環境保全の活動ですね!


開催地は藤枝市、12時に集合して買い物と炊き出しからスタートです。
メニューは、おむすび・具沢山お味噌汁・浅漬け・ベジたこ焼きです。


アースクリーン参加者は30名程で
16時~約1時間位、ゴミ拾いなどの清掃活動
何故か???浄水器のカートリッジまで落ちてました。


17時過ぎ~みんなでお腹いっぱいご飯を食べて、
18時~電気を消してキャンドルに灯を燈しました。
キーボード生演奏など素敵な音楽も幻想的な雰囲気だったのですが


残念ながら、キーボードに「電気」を使っていました。。。
意味なくはないけど、次回はアコースティックほうが…更にエコですね!


 

 

久司道夫先生の講演会レポート

Filed under: イベント,Macrobiotic — masako kayama @ 14:07

10月1日東京一ツ橋ホールにて
久司道夫先生の講演会が開催されました。


日本というより、世界規模、地球規模、宇宙規模を見据えた
過去と現状~未来まで言及されて、内容の濃い時間でした。


小さな社会の中で生活している私とはスケールが違っていますが…
先生のお話を心の中に留めて
自分に何ができるかを考えて少しずつでも実践して
また、機会があれば伝えていきたいです。


全てのお話はご紹介しきれませんが、一部をご紹介しますと


○ 日本人の持つ宇宙観(人と宇宙と一体であるという感覚)が
 古事記や日本書紀の中にあらわされている


○ 地球では、病気の蔓延や大気・海水・水質汚染などで生命体が次々と死滅している
○ 温暖化や砂漠化、地震や台風などの自然災害で大都市が崩壊しつつある
○ 社会権威(政府)や、金融システム(経済)、エネルギーシステムの崩壊と戦争・紛争など
○ 地球の埋蔵エネルギーの枯渇(数十年程で、石油・石炭・天然ガスなどがなくなる…)


○ 全ての食べものは相(エネルギー)を持っていて
 食べ物の相、記憶、こころ、夢などのエネルギーが食べた人に転移して
 体内に取り込んだ食べ物が燃えて、人間の心として動く


つまり、これらの危機的状況を乗り越えるために、先ず食べ物が大切ということ。
この他、放射能レベルの高い緊急時の食べ物などもご紹介してくださいました。

  
奥様のみどりさんの一言も印象的で、孔子の格言より
「君子固窮、小人窮斯濫矣」(くんしもとよりきゅうす、しょうじんきゅうすれば、ここにみだる)
君子も勿論困窮する。小人が困窮すると、取り乱し、やけになるが、君子はそうはならない。


この言葉を思い出して、初心を忘れないようにしていらっしゃるとのことでした。
流石、奥様も素敵です!